前言撤回

タグチがおとどけする、ゆるふわ系徒然ブログ(大嘘)

さいきん

ここ最近は毎日更新している。

そのため、ネタがだんだんなくなってくる。

いや、日記なんだからそれでいいだろ、おまえは誰に向けてどれだけ価値のある文章を書いているつもりなんだ恥を知れ、と天から聞こえてくるような気がします。(いや、ただ眠いだけです。)

今日はとりたてて書くようなこともない。

さてどうしたもんか。いま悩んでいる。話しかけないでほしい。(もちろんいない読者から話しかけられることもない。じっくり悩むことのできる素晴らしい状況である。少しくらい妨害してほしい。)

さて、なんとなく思いついたような気がする。

最近、トレンドといえばやはりアプリであろう。

様々なアプリが市場に出回り、大変な様相を呈している。

陣取り合戦もここまでわちゃわちゃしていると何が何だかわからない。

さっきまで黄色かった旗がいつのまにやら青くなって、ああそうか時代は青色か、やっぱり青が最強だよなふふんと、思っている横から、あっどうもこんにちは今日もいい天気ですねみたいな顔で赤色に塗りなおす輩がいる。(注:ポケモンGOの話ではない)

つまり現在新しいアプリの開発を行う場合、収益度外視で自分の作りたいものを作るべきである。自分が欲しいものを作って、まあ他に誰か落としてくれて役に立てばいいなあくらいに思うのがいい。

別段なんのことを言いたいわけでもない。ただ大変そうだなあと思っている。

そして、欲しいものがなさそうだから自分で作ろうと決心した今日この頃。

何とか今週中には完成させたい。決意表明である。

 

まあそれはさておき今日は彼女と心が通じたような気がしてものすごく気分が良い。

人間、通じ合えることなんかないし、わかろうと思ったってわかるわけもなく、わかった風になるなら、わからないとさっぱり思っているほうがまだすがすがしい。

だからあんまり、彼女の動きどうこう(ダジャレである)を気にしないようにしているのだが、どうも気になって仕方がない。理性を超えたところに感情というのはそびえたっている気がする。

基本的には感情を理性で制御できていたはずだったのだが、どうも最近調子がおかしい。惚れた弱みだと思ってあきらめも入っている。

それでも時々、いまはさすがに同じこと考えてたよね以心伝心だよね。と思う時がある。(直接聞くと、いやちがう。とにべもなく拒否されるので私の思い込みの可能性も捨て切れない)

 

さて、本当に何が書きたかったのかわからなくなってきたから今日はこの辺で。

恋は迷走である。