前言撤回

タグチがおとどけする、ゆるふわ系徒然ブログ(大嘘)

うわき

僕にはそろそろ付き合って2年になろうかという彼女がいる。

それにもかかわらず、とうとう浮気をしてしまった。

いつかやるぞ、いつかやるぞと思っていた矢先とうとう堪えきれなくなった。

これは、僕が体調を崩してしまったことに起因する(どういう因果関係かはご想像にお任せする。あんなことやこんなことを想像していただければ幸いである。というか読者がいれば幸いである)。

そんなこんなで、昨日関係をもった。やってしまった。しかも二回も。

やめればいいのに、今日も関係を持った。朝から昼にかけてである。

しかもそのあとは本命ともしてしまった。3時間半コースだ。

こんなことを言っては怒られるかもしれないが正直疲れた。

精も根も尽き果てた。

いや、わかっている。

みんなにあれだけやめろと言われたのにもかかわらず、無視を決め込んで目先の欲望に捕らわれたからこうなった。(どのぐらいの疲弊度かというと、この一文を入力するのにタイプミスのせいで2分くらいかかっている)

わかっている。自分の責任でやったことだ。疲れはしたが後悔はない。それに見合うだけの対価はいただいた、、、

しかし、2股をかけてみて気が付いたことがある。

やはり元鞘はよい。ということである。

しっくりくる。どうにもこうにも言い表せないホーム感があり温かい。そして自然体でいいので楽である。

だからこそ、今回は浮気ではなく、あえて社会見学という言葉を用いたい。

あえてである。あえて、もともといいのはわかっていたけれどもその実感を確固なものとするために、あえて他のところに行くのである。そして、ああやっぱりここが一番だな。とより愛を深めたかったのである(もうすでにここまでくると、自分に酔っていてしまっていて、目先の欲望がどうだったとかという話は当然もうすでにわすれている)。

もう浮気なんてしない。元鞘に収まり前だけ向いてともに歩んでいこうと思う。

 

 

しかし、あと一回浮気相手と約束してしまっている。

さすがにそこに出向かないのは気が引ける。

 その約束を果たしたら、もう連絡は取らない。メールアドレスの設定でいくらでも拒否できる。もともとはメールだけの関係である。

君と過ごした時間も、貴重な人生経験として取っておく。君のことは忘れない。さようなら。

まあ、あんまりにも俺のことを思ってくれるならたまには会うくらいしてやってもいい。サービスタイムで納めてくれるなら。

 

続・完

 

 

 

 

しかし、本当に昨日今日とハードだった。やはり日払いにつられたからってバイトの掛け持ちなんてするもんじゃありませんね(面白がって妙なタイトルをつけたから、バイト中にあったあれやこれや、本題に入るまでに紙面を使いすぎてしまった。

 

またいつかのサザ工さんは、「先輩、社員に懐く」、「この弁当、おいしい」、「わたくし、優秀の条件をみつける」の三本でお送りいたします。

じゃん、けん、グー、あはははは)。