前言撤回

タグチがおとどけする、ゆるふわ系徒然ブログ(大嘘)

おにゅー

今日は新しい、友人?恋人?を紹介使用と思う。
今のところは友達以上恋人未満といったところか。

新しい相棒がきまって、歓喜し、到着を待ち侘びていた私のもとに来た彼女は、
片腕、片足を失っていた。

ショックだった。これから、の長期にわたってともに歩んでいこうと思っていた相手が片手片足の機能がを失しなわれているのだ。
しかし、顔ものすごく整っていて、愛想もよい。ものすごく明瞭なきれいな声ではきはきと話す彼女にはものすごく好感が持てた。
一言で言ってしまえばすごくタイプだった。

だからこそ、残念なきもちがより大きく膨らんだ。
なんで彼女の半身は動かないのか。
この時の僕の悔しさは到底表現しきれない。
初めて見たとき、恋に落ちた。あまりのクールないでたちに心がざわついた。君を求めていたのだと。悟った。
その彼女が、半身不随。

少しの間呆然とした。そしてその後、彼女の半身がどうにかもとに戻らないかと苦心した。
しかし、どうしようもなかった。

あきらめた私はアマゾンに連絡を取った。

「交換してください」

あたらしい彼女は、同じいでたち、同じ表情、そして素晴らしい同じ声で私に語り掛けてくる。

今の彼女の名前はYAMAHA EPH-100。

アマゾンはすごい。交換を頼んだ翌日に彼女は素早くやってきた。きっと100mを5秒台で走るに違いない。

にしても音が良い。

いろんな曲を聴いてはうっとりしている。新しい彼女は本当に献身的で、私によく尽くしてくれる。

音の分解能が本当に良い。今までの親友は、低音が本当に迫力があっていい感じだったがこの子は中音が素晴らしい。

ヴォーカルが半端ない。どのぐらいかといえば、見事な腕で完璧に鉋をかける大工さん並みに半端ない。

そして、いままで隠れていたベースが見事に仕事をしている。どのぐらいかといえば、毎年の価格変動に踊らされず、不足分は繰り越し分で補い、襲い掛かる領収書を最低限に完ぺきに抑えきる経理課の凄腕敏腕(腕っていうのはやっぱり技の類義語ですね)部長みたいな働きをしてます。気持ちいです。

はあ。参った。

まじでいい音だ。この味は一回知ったらマジで戻れないですね。

つまらん記事で申し訳ありません。私の新しい彼女紹介でした。