前言撤回

タグチがおとどけする、ゆるふわ系徒然ブログ(大嘘)

ハイチュウによる猛攻と、ガブリチュウレジスタンスの仁義なき戦い。

タイトルに対するこだわりとかはもとよりないのであしからず。

それはさておき。

みなさまもご愛食いただいているとは存じますが、にもかかわらずここであえてわざわざ改めて言うほどのことではないのは重々承知ですが、それでもそれらの葛藤を乗り越えてまだ言うほどの覚悟であえて言わせていただきますが、わたくしはガブリチュウというチューイングキャンディーをいつもおいしく食べさせていただいております。

自分の愛が一番だと主張するなど、幼稚な戦いに身を投じようとしていることは極めて恥ずかしい限りですが、個人のブログですのでご容赦いただきたい。

あの魅惑的なボディ、甘く滑らかな舌触り、いやらしく誘惑する銀色のドレス(注:チューイングキャンディーの話です)を前にするといつでも私はただのけだものと化します。

いやはや。なんて罪な人なんでしょうか。

これはもはや犯罪だなあ(モグモグ)

何法に引っかかるだろうか(モグモグ)

「愛されボディで中毒者続出取り締まり法」とかだなあ(モグモグ)

まあ何でもいいや。

 

それはさておき、今回の本題はタイトル通りである。

私はレジスタンス幹部候補として、嬉々として戦う毎日であるが(見つけたら必ずガブリチュウを購入するという地道な作戦を遂行中)、そんなことはお構いなしにハイチュウという恐ろしい敵がいるため、コンビニでの採用率はあまり高くない。

あの敵の戦闘力はほんとうに計り知れない。実際うまい。それはさすがにレジスタンス幹部の私でも認めざるを得ない。

しかし、口に含んでしまえばこちらのもの。口内での戦闘力は確実にこちらが上。戦場が戦場なら100パーセント勝てる戦いのはずである。

しかし、得意の戦いをさせないことが戦争の基本。その点あちらは自分の戦いを優位に進めることにおいてはレジスタンス司令官の私でさえもうなるほどの計略を用いてくる。本来であれば登場しえないガム第一エリアにおいて単身のりこんでみたり、アメ第7エリアにおいて、隊列を組んでいたりする。見事の一言である。(マーケティングが)

こちらの応援戦力は新型の金、銀のみ。

レジスタンス副総統として、ぜひともレジスタンス広報部に我こそはという気鋭の新人を求める。どうか、この戦いを勝ち抜き、ガブリチュウの天下を目指していこうではないか。

 

いやしかしうまい(モグモグ)